短期留学はデメリットだらけ!?期間や費用、メリットやおすすめの留学エージェントもあわせて徹底解説!

「短期留学でも英語力は向上するの?」
「短期留学のメリット・デメリットって何?」
「短期留学におすすめのエージェントについて知りたい」

短期留学をしようか検討している方の中には、上記のような悩みや疑問を抱えている方は多いでしょう。
手軽さと費用の安さが魅力の短期留学ですが、その効果の有無について心配している方は少なくないはずです。

そこで本記事では、短期留学で英語力は向上するのかという疑問に加え、短期留学を行うメリット・デメリットについて徹底解説します。

また短期留学におすすめの国についてもご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

補足

これから留学する予定の方におすすめの留学エージェントが、CMでもお馴染みの「スマ留」です!

スマ留は、一般的な留学と比べて、最大半額の費用で留学できるのが最大の特徴です。

「金額が安いと、それだけサポートの質が悪いんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれませんが、安心してください。

スマ留は、「語学学校の稼働率が少ない時間を活用している」「留学エージェントへの手数料がない」などの独自の仕組みを構築しているため、最大半額まで安くなっているのです。

その他にも、

  • 「語学学校ごとに授業料が同一価格だからわかりやすい」
  • 「現地でも365日24時間のサポートを受けられる
  • 「留学前のオンライン英語学習サポートが充実している」
  • 「オンラインからでも、申し込みができる」

など、メリットがたくさんあります。

スマ留は、新宿サロン、またオンラインでの無料カウンセリングを実施しています。

興味のある人は、ぜひ気軽に参加してみてください。

【従来の半額で留学!】スマ留の詳細はこちらから

短期留学とは?

短期留学とは、一般的に1週間から3ヶ月程の期間で行う留学のことを指します。まとまった休暇が取れない社会人やできるだけ費用を安く抑えたい学生などに人気の留学です。

基本的には「 短期留学=短期間での語学留学」という意味合いが強いですが、「ホームステイ」や「サマースクール」「海外でのインターンシップ」などを含めて「短期留学」と呼ぶこともあります。

※本記事では「短期留学=短期間での語学留学」として解説しております。

短期留学でも英語力は向上する?

長期留学よりも手軽さと費用の安さが魅力の短期留学ですが、英語力を向上させることは可能なのでしょうか。

先に結論からお伝えすると、英語力を向上させることは十分可能です。
短期留学の場合、朝から晩まで「英語漬け」のスケジュールになっていることが多く、真剣に取り組んでいれば必然的に英語力は向上していきます。
また、英語を使わざるを得ない環境に身を置いていることもあり、スピーキング力とリスニング力は特に伸びやすいです。

ネットやSNSを見ると「短期留学=意味ない」「短期留学は効果が薄い」などの意見も一部見られますが、こちらはあまり信用しない方が良いでしょう。

とはいえ、「短期留学」と一言でいっても期間は様々です。正直なところ、英語初心者が1週間の短期留学に行ったところで上達する英語力は大きなものではありません。

短期留学の効果を最大限に高めるためには、英語の基礎をある程度身に着けた状態で、最低でも1ヶ月程度の期間は確保する必要があるでしょう。

そのため短期留学に行く前に、「現時点での英語力」と「どの程度の英語力を身に着けたいのか」、これらを明確にしておくことが重要です。

【従来の半額で留学!】スマ留の詳細はこちらから

短期留学のメリット3選

短期留学のメリットは下記の3つです。

  1. 費用を安く抑えられる
  2. 異文化を体験できる
  3. 長期休み期間中に行ける

短期留学には長期留学にはないメリットが様々あります。それぞれ順番に見ていきましょう。

①費用を安く抑えられる

短期留学最大のメリットは、費用を安く抑えられることです。
当然ですが、期間が短ければ短いほど、授業料や滞在費は安くなります。

1週間程度の短期留学であれば、通常の海外旅行よりも費用が安いということは決して珍しくありません。
また期間が短いため、ビザの申請をしなくて良い国もあります。留学に行く手間はそれほどかからないでしょう。

「できるだけ費用を安く抑えたい」「いきなり長期留学に行くのは不安」という方にはピッタリと言えます。

②異文化を体験できる

短期留学でも異文化を体験できます。
実際に現地へ行き、異文化に触れることで、新しい価値観を身に着けることができるでしょう。これは英会話スクールや塾では実現できないことと言えます。

また旅行とは違い、現地の学生と交流を深められるのも「短期留学」ならではのメリットでしょう。国籍や年齢が違う人との交流は、自分自身に新たな気づきを与えてくれるはずです。

③長期休み期間中に行ける

社会人であれば、まとまった休暇が取れないという方が多いはずです。
一方で短期留学の場合、最短1週間程で留学が可能なため、お盆休みや年末年始・有給休暇を利用して留学に行くことができます。

もちろん学生であれば、夏休みや春休みを活用すれば問題なく短期留学ができるでしょう。学校や仕事を休まずに留学に行けるのは、長期留学にはない魅力と言えます。

【従来の半額で留学!】スマ留の詳細はこちらから

短期留学のデメリット3選

続いて「短期留学のデメリット」について解説します。下記の3つです。

  1. 飛躍的な英語力向上は期待できない
  2. 物足りなさを感じる
  3. 日本人同士で固まってしまいがち

それぞれ順番に解説していきます。

①飛躍的な英語力向上は期待できない

短期留学でも英語力はある程度向上しますが、飛躍的な英語力向上を期待することは難しいでしょう。
期間が短いため、「英語が少し聞き取れるようになった」「日常英会話が行えるようになってきた」というタイミングで帰国しなければならないことが多いです。

特に1週間・2週間程度の短期留学であれば、なおさらでしょう。TOEIC900点以上を目指している方や、通訳士になりたい方の場合は、短期ではなく長期留学に行くことをおすすめします。

②物足りなさを感じる

期間が短いということもあり、英語の勉強や現地の人々との交流に「物足りなさ」を感じる方は少なくありません。

実際にSNSを見てみても、下記のような投稿をしている短期留学経験者は数多く見受けられます。

「もう少し英語の勉強をしてみたかった」
「せっかく現地に行ったのだから、観光地を巡りたかった」
「学生と打ち解け合う前に、帰国することになった」

やはり時間が限られている分、様々なことを経験するのは難しいでしょう。事前に留学に行く目的を明確にしておくことが重要です。

③日本人同士で固まってしまいがち

実際に短期留学に行くとわかりますが、留学先には日本人が数多くいます。
というのもGWやお盆休み・年末年始など同じ期間内で留学に行く方が多く、また短期留学の場合は滞在先がある程度限られているからです。

滞在先が日本人で溢れているというケースは少なくありません。
そのため、どうしても日本人同士で固まってしまいがちになります。

これではお金と時間をかけて留学した意味がないでしょう。留学の効果を最大限に高めるためには、日本人が少ない留学先を選ぶことが大切です。

【従来の半額で留学!】スマ留の詳細はこちらから

短期留学はどのくらいの期間がベスト?

「短期留学」と一言でいっても、1週間や1ヶ月・3ヶ月など期間は様々です。
では、どのくらいの期間で短期留学に行くのが良いのでしょうか。

結論から言うと、ベストな期間は人によって異なります。短期留学を検討している方は、下記を参考に自身に合った期間を決めることが大切です。

①1週間~2週間

GWやお盆休み・年末年始などの休暇を利用して留学したいという社会人の方は、こちらの期間がおすすめです。
期間が短いため英語力の向上はそこまで期待できないものの、異文化に触れたり、現地の人々と交流したりすることは十分できます。

観光も含めて楽しみたい方は、授業スケジュールを半日にするのが良いでしょう。
少し物足りなさを感じるかもしれませんが、貴重な経験ができることは間違いないです。

②3週間~1ヶ月

大学生に人気の期間です。学校を休まず、春休みや夏休みを活用して行くことができます。
留学先の学校が休みの日には、観光も十分に楽しめるでしょう。
1ヶ月程度であれば、費用もそこまでかからないため「お金が心配」という方にもおすすめです。

英語力において言えば、ある程度の英単語は聞き取れるようになるでしょう。
スピーキング力やライティング力も同時に鍛えたい方は、もう少し長めの期間が必要になります。

③1ヶ月~3カ月

「長期留学に行くのは予算的に厳しい」「転職時の空いた期間を利用して留学したい」という方におすすめの期間です。
このくらいの期間であれば、英語力の向上を肌で実感することができます。

また現地の生活にも慣れ、海外の友人を作ることもできるでしょう。学生の場合は、就職活動時のアピール材料として使うこともできます。
本格的に英語を学びたいなら、期間いっぱいの3ヶ月がおすすめです。

【従来の半額で留学!】スマ留の詳細はこちらから

短期留学におすすめの留学エージェント3選!

ここでは「短期留学におすすめの留学エージェント」を3つご紹介します。下記の通りです。

  1. 業界でも格安で留学可能!:「スマ留
  2. HIS提携の安心サポート!:「留学タイムズ
  3. 高品質な留学サポート!:「留学ジャーナル

上記のいずれかを利用すれば、短期留学に失敗する可能性は極めて低いです。
それぞれ順番に解説していきます。

①業界でも格安で留学可能!:「スマ留」

スマ留とは、幅広い世代で人気を高めている今話題の「留学エージェント」になります。

何と言っても 最大の魅力は価格の安さです。語学学校の空き時間や空き場所を利用するスマートなスタイルで、価格の安い語学留学を提供しています。

また渡航先(行きたい国)×渡航期間(学校へ通う期間)さえ決まれば、留学の費用が明確になるなど、シンプルな料金体系も「スマ留」ならではの魅力です。

365日24時間体制で生活をサポートしてくれるため、初心者でも安心して留学できます。サービス内容は下記の表を参考にしてください。

【サービス内容】

スマ留大手留学エージェント手数料無料のエージェント
サポート料金0円20~30万円0円
相談窓口国内・海外両方対応可国内・海外両方対応可日本もしくは提携先へ依頼
学校紹介厳選した数校紹介料が多い学校のみ提携先学校
滞在先自由選択ホームステイホームステイ推奨
航空券自由選択パッケージ内パッケージ内もしくは自由選択
留学保険自由選択パッケージ内パッケージ内もしくは自由選択
学習サポートオンライン英会話・英語学習アプリで英語学習 毎日何回でも利用可能週2回の英会話なし

気になる方は、まずは「無料の留学カウンセリング」を受けてみてはいかがでしょうか。

公式サイト ⇒ スマ留が選ばれる理由 | 【公式】語学留学・海外留学ならスマ留《最大半額のスマートな留学》

②HIS提携の安心サポート!:「留学タイムズ」

留学タイムズは世界45ヶ国、5,000校以上の学校・教育機関への留学が可能な「留学エージェント」です。
世界中の語学学校・大学と強い信頼関係でつながっており、利用者のニーズに合った学校を紹介してくれます。

大手旅行会社のHISと提携しており、 現地のサポート体制が充実しているのも「留学タイムズ」の魅力の一つです。

面倒な下記の手続きもサポートしてくれます。

  • 入学願書作成
  • 入学申込手続
  • 滞在先の申込と詳細案内
  • 空港出迎えサービスの申込と詳細案内
  • 留学費用の海外送金手続き
  • 入学許可書の送付
  • AIG損害保険の手続き
  • 航空券のご案内
  • 留学中のサポート (現地生活についてのアドバイスや学校へのコンタクトなど)

気になる方は、下記のリンクをチェックしてみてください。

参考サイト ⇒【留学タイムズ】手数料0円・HIS提携の留学エージェント – 手数料0円で海外留学/HIS提携の安心サポート

③高品質な留学サポート!:「留学ジャーナル」

留学ジャーナルは、1971年に創業の歴史と実績がある「留学エージェント」です。

世界的に優れた留学エージェントなどが選ばれる 「ST Star Agency Asia」を受賞しています。

留学経験のあるプロのカウンセラーが豊富な経験と確かな情報力を基に、親身になってアドバイスをしてくれます。
留学先で困った場合は、24時間フリーコール「留学ジャーナルスチューデントプロテクション」を使えば、いつでも相談することが可能です。

「質の高いカウンセリングを受けたい」「サポートが充実しているエージェントを選びたい」という方にはピッタリの留学エージェントと言えるでしょう。

気になる方は、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイト ⇒ 安心安全な留学・海外留学は留学ジャーナル|短期留学から大学院まで

【英語圏】短期留学におすすめの国5選

ここでは「短期留学におすすめの英語圏の国」を5つご紹介します。
自身に合った留学先を選ぶことができるよう、それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

①イギリス

イギリス英語を学びたいなら、イギリスがベストです。
現地に日本人が少ないため、英語漬けの毎日を送ることができます。

語学学校の中には日本語の使用を禁止しているところもあるので、英語力向上は間違いないでしょう。
ヨーロッパの中では比較的治安が良く、危険な目に遭う可能性も極めて低いと言えます。

「質の高い授業を受けたい」「イギリス英語を学びたい」という方にピッタリでしょう。

一方で、留学費用はやや高めです。詳しくは下記の表を参考にしてください。

期間2週間1ヶ月3ヶ月
費用28~47万円41~68万円110~170万円

※一般的な留学にかかる費用のほとんどを含んだ概算金額です。渡航費、学費、居住費、生活費、保険料・ビザ代等を含んでいます。

②アメリカ

日本人が選ぶ留学先として一番人気なのが「アメリカ」です。
アメリカには数多くの短期留学プログラムが存在し、カリキュラムの選択肢も豊富にあります。

また学内に様々な国の人が集まっているのもアメリカが留学先として人気の理由の一つです。
アメリカであれば、世界で通用する英語力を身に着けることができるでしょう。

ちなみに「ロサンゼルス」「ニューヨーク」「サンフランシスコ」が特に人気です。充実した短期留学にするためにも、最低2カ月程度の期間を確保して行くことをおすすめします。

必要な料金は下記の表の通りです。

期間2週間1ヶ月3ヶ月
費用26~47万円38~66万円100~160万円

※一般的な留学にかかる費用のほとんどを含んだ概算金額です。渡航費、学費、居住費、生活費、保険料・ビザ代等を含んでいます。

③カナダ

カナダでは、アメリカ系英語を学ぶことができます。
治安が良く、アメリカよりも費用が比較的安いため、留学初心者の方におすすめの国です。

語学留学&ホームステイができる短期留学プログラムが豊富に揃っております。
一方で、留学先として人気の国ということもあり、クラスには日本人留学生が多くなる可能性が考えられます。

料金は下記の表を参考にしてください。

期間2週間1ヶ月3ヶ月
費用21~40万円30~57万円70~140万円

※一般的な留学にかかる費用のほとんどを含んだ概算金額です。渡航費、学費、居住費、生活費、保険料・ビザ代等を含んでいます。

④オーストラリア

オーストラリアでは、のんびりとした雰囲気の中でイギリス系英語を学ぶことができます。
治安が良く、親日家が多いこともあり、日本人の留学先としてはピッタリの国です。

留学制度が充実しているので、初心者でも安心して留学ができるでしょう。物価はやや高めですが、学費はそこまで高くありません。

必要な料金は下記の表の通りです。

期間2週間1ヶ月3ヶ月
費用23~42万円34~60万円80~150万円

※一般的な留学にかかる費用のほとんどを含んだ概算金額です。渡航費、学費、居住費、生活費、保険料・ビザ代等を含んでいます。

⑤フィリピン

「できるだけ安い費用で留学に行きたい」という方は、フィリピンがおすすめです。
フィリピンの英語学習はマンツーマンが基本のため、短期間でスピーキング力・リスニング力を磨くことができます。

マリンスポーツなどのアクティビティを楽しみたい方にもピッタリでしょう。
一方で、衛生面や治安には注意しなければなりません。

必要な料金は下記の表を参考にしてください。

期間2週間1ヶ月3ヶ月
費用18~28万円23~36万円60~90万円

※一般的な留学にかかる費用のほとんどを含んだ概算金額です。渡航費、学費、居住費、生活費、保険料・ビザ代等を含んでいます。

参考 ⇒ 語学留学先に悩んでいる人必見!本当におすすめの8ヵ国とその特徴

まとめ

いかがだったでしょうか。本記事では、短期留学で英語力は向上するのかという疑問に加え、短期留学を行うメリット・デメリットやおすすめの国についてご紹介しました。

短期留学とは、一般的に1週間から3ヶ月程の期間で行う留学のことを指します。
長期留学に比べ費用が安く、GWやお盆休みなどの休暇を利用して留学できるのが特徴です。

一方で期間が短いこともあり、飛躍的な英語力向上を期待するのは難しいでしょう。

短期留学を検討している方は、下記3つのエージェントを利用するのがおすすめです。

  1. 業界でも格安で留学可能!:「スマ留」
  2. HIS提携の安心サポート!:「留学タイムズ」
  3. 高品質な留学サポート!:「留学ジャーナル」

上記のエージェントを利用して、あなたも短期留学を経験してみてはいかがでしょうか。

【従来の半額で留学!】スマ留の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です