TOEIC700点の英語力は就職に有利!?学習時間や勉強方法、おすすめのアプリまであらゆるギモン総まとめ!

「TOEIC700点はどのくらいのレベル?」

「TOEIC700点を取ると、就職・転職で有利に働くのかな?」

「TOEIC700点を取るための具体的な勉強法を教えてほしい」

TOEICの勉強をしている方の中には、上記のような悩みや疑問を抱いている方も多いでしょう。

TOEIC上級者になるために、まず突破しなければならないのが「700点の壁」です。

”700点”と聞くと、「勉強すれば誰でも達成できるのでは?」と思う方も多いですが、決して簡単なことではありません。

そこで本記事では、

TOEIC700点の英語力

TOEIC700点は就職・転職時に有利に働くのか

TOEIC700点を取るために必要な学習時間と勉強法

TOEIC 700点を目指す方におすすめの参考書&アプリ

についてご紹介します。

この記事を読めば、TOEIC700点を取るために何をすれば良いのかが分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

補足

今回の記事では、TOEICで700点を突破するためにおすすめの参考書や、戦略などを紹介しています。

参考書に関してはもちろんどれも勉強になるものばかりなのですが、TOEIC800点以上を有する筆者はこう思います。

  1. TOEIC公式が発売している新公式問題集
  2. リクルートが提供しているTOEIC対策アプリスタディサプリTOEIC

の2つの教材に絞って学習すれば、TOEIC700点はもちろん、大台の800点も狙える!

私も実際に新公式問題集とスタディサプリTOEICの2つに絞って学習に取り組みました。

すると一気にスコアを伸ばすことができ、結果として800点を突破することができたのです。

僕が800点を突破したスタディサプリTOEICの体験レビュー記事はこちら↓↓

【効果ない?】スタディサプリENGLISH TOEIC対策講座のリアル教えます

短期間でハイスコアを取るためには、「 質の高い学習(=新公式問題集を中心に)」と「 隙間時間の活用(=スタディサプリTOEIC)」が不可欠です。

TOEIC700点を獲得したい!就活を有利に運びたい!と考えている人はぜひ上記2つの教材に絞り込んで学習に取り組みましょう。

TOEIC700点の英語力はどのくらい?


TOEIC700点は受験者の中でも比較的高いスコアになります。

2021年2月に実施された「TOEIC L&R公開テスト(午後)」の平均点は624.5点です。

平均点よりも75点程高いことが分かります。ちなみにTOEIC700点は英検でいうと、2級~準1級のレベルです。

では、そんなTOEIC700点の英語力とはどのくらいのレベルなのでしょうか。ここでは技能別に4つご紹介します。

参考記事 ⇒ 平均スコア・スコア分布 詳細 (第263回)

リスニング力


TOEIC700点のリスニング力は、聞き取った英語を日本語に訳すことなく理解できるレベルです。

日本語に置き換えるステップが不要のため、テンポの速い会話でも十分に理解できます。

日常生活で言えば、日本語の吹き替えや字幕なしで外国映画を見られたり、海外旅行の際の会話は問題なく対応できるレベルです。

一方で、単語力が完璧と言えるレベルではないため、専門用語の多い会話には少し苦労するでしょう。

また、会話の人数が増えると聞き取れないというケースも多いです。

リーディング力

リーディング力において言えば、英文法・英文読解の基礎を習得しているレベルと言えます。

また文章に使用されている文法や語彙が難しい場合でも、前後の文脈から内容を推測できるレベルです。

仮定法過去完了や分詞構文といった難しい文法も、時間をかければ問題なく理解できます。

しかし理解が不十分なところもあるため、自身の興味のない分野や文法構造が複雑な文章においては、内容を理解するのに苦戦するでしょう。

そのため発展問題には対応できないことが多いです。

ビジネスでは、自身の業務に関する文書・レポートを理解できるレベルと言えます。また、辞書や文法書を使えば難しい文章でも読解できるため、複雑な契約書類やマニュアルでも時間をかければ理解することが可能です。

スピーキング力

TOEICではスピーキング力を測る項目がないため、英語を話す力というのは人によって違いがあります。

ただし700点となると、最低限の単語力と文法力は身に着いているので、日常会話程度であれば問題なく行えるでしょう。

普段から英語圏の人と話している方であれば、流暢に会話できる人も少なくありません。

どのくらいの時間をかけてスピーキングの訓練をしたかによって、レベルは大きく変わります。

ライティング力

スピーキング力と同様にライティング力も、TOEICでは測ることができません。

しかしTOEICで700点を取れる英語力があれば、ミスの少ない文章を書くことは十分可能です。

専門用語が多くて難しい文章でも、時間をかければ問題なく相手に意見を伝えることができるでしょう。

こちらもライティングの訓練にどのくらいの時間をかけたかによって、レベルは異なってきます。

スコアアップを後押しする神アプリ!?「スタディサプリTOEIC」の詳細を見てみる

TOEIC700点は就職・転職活動で有利に働く?


ご紹介している通り、TOEIC700点は受験者の中でも比較的高いスコアです。

では700点を取ることができれば、就職・転職活動が有利に働くのでしょうか。それぞれ解説します。

就職活動

就職活動時に、履歴書に書いて評価されるTOEICのスコアは600点以上からだと言われています。

そのため、700点以上を取っていれば、就職活動がかなり有利に働くといっても過言ではありません。

特に最近ではグローバル化が進み、何らかの英語資格を持っていないと就職できないという企業も増えてきました。

他の就活生と差別化を図るという意味でも、取っていて損のないスコアだと言えます。

時間をかければ達成できないスコアではないため、学生時代のうちに700点を取っておくのが好ましいです。

転職活動

企業によって求めている人材は異なるため一概には言えませんが、転職活動において、TOEIC700点というスコアが評価されることはあまりありません。

というのも転職活動では、これまでの実務経験や実績が評価されることが多いからです。

そのため、英語を使う頻度が多い外資系企業などを除いては、重要性はそこまで高くないと言えるでしょう。

スコアアップを後押しする神アプリ!?「スタディサプリTOEIC」の詳細を見てみる

TOEIC700点を取るために必要な学習時間

TOEICのスコアを100点上げるのに必要な学習時間。それは200~250時間だと言われています。

つまり、現在TOEICのスコアが600点の人は、700点を取るために200~250時間を勉強する必要があるのです。

700点を取るために必要な時間については、下記を参考にしてください。

現在のスコア必要な学習時間
650点100~125時間
600点200~250時間
500点400~500時間
400点600~750時間

また3ヶ月(90日)で700点を取るために必要な1日の学習時間は下記の表の通りです。

現在のスコア1日の学習時間
650点1.1~1.4時間
600点2.2~2.8時間
500点4.4~5.6時間
400点6.7~8.3時間

現在の自身のスコアと1日にTOEICの勉強に確保できる時間を考え、スケジュールを組んでいきましょう。

スコアアップを後押しする神アプリ!?「スタディサプリTOEIC」の詳細を見てみる

TOEIC700点を取るための勉強法とは?


TOEICで700点というハイスコアを取るには、むやみやたらに勉強しているだけでは厳しいです。

しっかりとポイントを押さえて勉強する必要があるでしょう。

そこでここからは、TOEIC700点を取るための勉強法を「リスニング」と「リーディング」に分けて解説します。

リスニング


リスニング力を鍛えるには、下記の3つを意識することが大切です。

  • 単語力を鍛える
  • シャドーイングをする
  • 苦手なパートを重点的に勉強する

それぞれの特徴について解説します。

単語力を鍛える

当然ではありますが、TOEICで700点を取るためには、単語力を鍛える必要があります。

単語の意味を覚えるのはもちろんのこと、聞き間違えをしないために、発音やアクセントにも注意しなければなりません。

単語においては、一度で全てを覚えようとする必要はないです。

一冊の単語帳を何度も繰り返すことが重要になります。またTOEICでは、スペルを書けるようになる必要もありません。

シャドーイングをする

シャドーイングとは、流れて来る音声を聞きながら、その音声を真似して発音していくトレーニング法です。リスニング力を鍛えるのに、非常に有効なトレーニング法になります。

シャドーイングを行うことで、英語のスピードに慣れるだけではなく、発音・アクセント・イントネーションの力を身に着けることも可能です。

やり方は難しくありません。

下記の手順に従って行いましょう。

  1. 音声なしでテキストを読む
  2. 音声を聞き込む
  3. テキストを見ながらシャドーイング
  4. テキストを見ずにシャドーイング

苦手なパートを重点的に勉強する

TOEICのリスニングは主に4つのパートで構成されています。

700点以上を取るのであれば、各パートでハイスコアを取らなければなりません。

そのため、苦手なパートがあると致命的です。

苦手なパートをしっかりと把握し、重点的に勉強していきましょう。

スコアアップを後押しする神アプリ!?「スタディサプリTOEIC」の詳細を見てみる

リーディング

続いてリーディングについてです。

リーディング力を鍛えるために、下記の3つを意識しましょう。

  • 単語を覚える
  • 高校レベルの文法を理解する
  • 音読を繰り返す

それぞれの特徴について解説します。

単語を覚える

リーディング力を上げるためには、単語力を鍛えることが一番重要です。

700点を取るために必要と言われる約4,000語は必ず覚えましょう。

また文章を正しく読むためにも、一つの単語で複数の意味を覚えることが大切です。

高校レベルの文法を理解する

TOEIC700点を取るためには、高校レベルの文法を理解しておけば問題ありません。

逆に、高校レベルの文法が理解できていなければ、700点以上を取ることは極めて難しいです。

文法が怪しいという方は、まずは高校で習う英文法をおさらいしてみましょう。

音読を繰り返す

スピーディーに文章を読んでいくためには、日本語を介さずに読解できる状態を目指す必要があります。

そのために、日々音読を繰り返すことが重要です。

また音読学習では同じテキスト・同じ文章を何度も繰り返して読むことが大切になります。

自身のレベルに合った教材を選び、正しい発音とアクセントで音読を行っていきましょう。

スピーディーに英文が読めるようになると、時間に追われずに問題を解くことができるようになります。

スコアアップを後押しする神アプリ!?「スタディサプリTOEIC」の詳細を見てみる

TOEIC 700点を取るためにおすすめの参考書&アプリ


ここからは、「TOEIC 700点を取るためにおすすめの参考書&アプリ」をそれぞれ3つずつご紹介します。

スタディサプリTOEIC:筆者イチオシ!

スタディサプリTOEICは、株式会社リクルートが開発したTOEIC受験者のための学習アプリです。

「英文法基礎・TOEIC英単語・TOEIC英文法・TOEIC対策講義・本番形式の模試」が全て一つのアプリに入っています。

通学・通勤中などの隙間時間にもおすすめです。

スタディサプリTOEICには「ベーシックプラン」と「パーソナルコーチプラン」があり、基礎からスコアアップを目指したい人にはベーシックプラン、専属コーチと二人三脚で高得点を目指したい人にはパーソナルコーチプランがおすすめです。

7日間の無料体験なども行っていますので、ぜひ一度詳細を見てみてはいかがでしょうか。

公式サイト ⇒ 【公式】続けられるTOEIC® L&R TEST対策アプリ|スタディサプリENGLISH

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC対策として単語を覚えるなら、この1冊を使っておけばOKです。

下記のようにレベル別で単語が収録されているため、目標に合わせた使い方ができます。

  • 600点レベル用の単語
  • 730点レベル用の単語
  • 860点レベル用の単語
  • 990点レベル用の単語

参考 ⇒ TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST 730点攻略完全パッケージ


こちらの参考書は、TOEICで730点を取るために厳選された問題ばかりが収録されています。

ユニットごとにテーマを設けて例題と一緒に解説し、実践的な問題を解いて知識を定着させるという流れになっています。

参考 ⇒ TOEIC® L&R TEST 730点攻略完全パッケージ

TOEIC® L&R テスト でる模試 リスニング700問

リスニング力を重点的に鍛えるなら、こちらの参考書を使いましょう。

1400問(7回分)の模試で、本番に向けたトレーニングが行えます。

上級者を目指す方にはピッタリの参考書と言えるでしょう。

参考 ⇒ TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問

mikan

mikanは、無料で利用できる英単語学習アプリです。

4択問題で進めていき、最後に答え合わせをする形式になっています。

単語力を鍛えたいなら、利用しない理由なんてないでしょう。

公式サイト ⇒ 株式会社mikan

abceed analytics

こちらはリスニング力を鍛えるのに最適な英語学習アプリです。

無料でリスニング音声が聞けるだけではなく、スコアの分析まで行ってくれます。

苦手パートを把握するためにも利用したいアプリの一つです。

公式サイト ⇒ abceed | AI英語教材アプリ

TOEIC700点を取るための3つの戦略

TOEICで700点を取るための戦略は下記の3つです。

  • 自身のレベルに合った学習をする
  • 学習記録をつける
  • 同じ目標を持っている人を探す

それぞれの特徴について解説します。

自身のレベルに合った学習をする

TOEICで700点を取りたいなら、自身のレベルに合った学習を行うことが大切です。

どこのパートが苦手なのか、どこに時間を多く使っているのかを細かく分析し、自身のレベルに合った参考書で勉強しましょう。

自己分析を徹底的に行うことで、TOEICのスコアは必ず伸びていきます。

学習記録をつける


TOEICの勉強をしていると「やる気の停滞期」が必ずやってきます。

皆さんも一度は経験したことがあるでしょう。

そんな時に学習記録をつけていると、自分への心理的な助けになります。

モチベーションを維持させることも可能です。

ぜひ、今日から学習記録をつけてみてください。

同じ目標を持っている人を探す

同じ目標を持っている人が近くにいると、TOEICの勉強も捗るはずです。

おすすめの教材や勉強法など、情報共有もできます。

時には、愚痴や悩みを聞いてもらうこともできるでしょう。

最近では、アプリやSNSを使えば簡単に「同じ目標を持っている人」を探せるため、ぜひ活用してみてください。

スコアアップを後押しする神アプリ!?「スタディサプリTOEIC」の詳細を見てみる

まとめ

いかがだったでしょうか。本記事では、「TOEIC700点の英語力」や「TOEIC700点を取るための勉強法・学習時間」について解説しました。

TOEIC700点は受験者の中でも比較的高いスコアです。

就職活動時に役立てることができます。

一方で、700点というハイスコアを取るためには、計画的に勉強を進めていくことが重要です。

自身のレベルに合った教材を選び、学習記録を毎日つけていきましょう。

そうすれば、必ずTOEICで700点を取ることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です