留学にかかる費用の内訳を徹底解説!費用が安いおすすめの国はどこ?【おすすめ留学エージェント3選も!】

「留学にかかる費用の内訳が知りたい!」
「アメリカやカナダに留学する場合、どのくらいのお金がかかるの?」
「おすすめの留学エージェントを教えてほしい!」

留学を検討している方の中には、上記のような悩みや疑問を抱いている方は多いでしょう。
充実した留学生活を送るためには、事前に費用の内訳や目安について知っておくことは非常に重要です。

そこで本記事では「留学×費用」をテーマに、留学にかかる費用の内訳を解説しつつ、留学費用の相場やおすすめの留学エージェントについてご紹介します。

高校生や大学生はもちろん、留学を検討している社会人の方にも必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

留学前の英語力アップにも使えるコスパ最強アプリとは!?

留学前に少しでも英語力を上げたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。

そんなあなたに、ぜひおすすめしたいコスパ最強のアプリ「スタディサプリ」をご紹介します!

スタディサプリは自らを「神アプリ」と自称するほど、英語力アップに自身のあるサービスを提供。これまでもTOEIC対策コースで200点UPが続出したほど。

さてそんなスタディサプリですが、留学準備中の方や、留学を考えているあなたも利用できるプランを用意していますよ。

それが、「新日常英会話コース」!

海外でのふとした日常で利用できるフレーズや文法を多数収録しているため、渡航後にも活かせる内容となっています。

✓参考記事:スタディサプリENGLISH新日常英会話を元外資系がガチレビュー!評判・口コミは?海外旅行英語やおもてなし英語を学べます

また留学前にTOEICスコアアップをしなければ!というあなたには「スタディサプリTOEIC対策コース」がおすすめ!

筆者の私もスタディサプリTOEICを利用した結果、2か月で260点UPに成功しました。

✓参考記事:【効果ない?】スタディサプリENGLISH TOEIC対策講座のリアル教えます

両プラントも現在、新規入会特典が用意されているので、気になる方はぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

留学にかかる費用の内訳を解説!

留学にかかる費用は大きく「留学前にかかる費用」と「現地でかかる費用」の2つに分類されます。それぞれ順番に見ていきましょう。

留学前にかかる費用

留学前にかかる費用は主に下記の6つです。

  • 航空券代
  • 海外旅行保険料
  • パスポート申請料
  • ビザ申請費用
  • 健康診断受診料
  • その他準備費用

留学先や期間によって費用は大きく変わりますが、ある程度の目安は把握しておきましょう。

それぞれの特徴について解説します。

航空券代

飛行機での移動にかかる費用のことです。
留学先によって費用は異なりますが、 10~20万円程度がかかります。留学中に帰国する予定があれば、帰国回数分の予算も必要です。

出発日が近づくほど価格は高くなるため、留学先と日程が決まり次第、早めに航空券を購入しておくと良いでしょう。
費用を安く抑えたい場合は、格安航空会社を利用するのがおすすめです。

海外旅行保険料

海外旅行保険への加入は任意になりますが、留学中の急な病気やトラブルにも対応できるよう、行く前に加入しておくのが良いでしょう。
インターネットで簡単に申し込みをすることが可能です。また、エージェントが紹介してくれる場合もあります。

費用相場に関してですが留学期間が 1ヶ月の場合は1.5~2万円程度、 6ヶ月の場合は9~12万円程度、 1年間の場合は18~25万円程度です。

出発日ギリギリになると価格の高いプランに加入しがちなため、余裕を持って検討するようにしましょう。

パスポート申請料

当然ですが、海外に行くためには「パスポート」を持っておかなければなりません。所持していない方は、パスポート取得のための申請料が必要になります。

パスポートの申請料は下記の通りです。(2021年5月時点)

  • 10年間有効(20歳以上) ⇒ 16,000円
  • 5年間有効(12歳以上) ⇒ 11,000円

高校生の場合は5年間有効のパスポートとなるため、11,000円を用意しておきましょう。

ビザ申請費

一部の国を除いて、海外に渡航するためには入国を認めるビザが必要になります。
費用は国や期間によって異なり、滞在期間が長いほど高くなるのが一般的です。

費用はざっくり 1~5万円程度と覚えておきましょう。
国によっては頻繁に価格が変わることもあるので、大使館のホームページを随時確認することが大切です。

健康診断受診料

健康診断・予防接種にかかる費用です。
費用はクリニックごとに違いますが、およそ 2万円前後です。

英文診断書の作成が必要な場合には、追加で1万円程度かかることもあります。

その他準備費用

上記でご紹介した5つ以外にも、スーツケースや衣類・薬といった「滞在に必要な備品」や「留学エージェントの手数料」「滞在先のデポジッット」などがかかる場合もあります。

留学前にかかる費用相場の一覧は下記の表を参考にしてください。

【留学前にかかる費用相場】

留学前にかかる費用費用相場
航空券代10~20万円
海外旅行保険料1ヶ月 ⇒ 1.5~2万円

6ヶ月 ⇒ 9~12万円

1年間 ⇒ 18~25万円

パスポート申請料10年間有効(20歳以上) ⇒ 16,000円

5年間有効(12歳以上)  ⇒ 11,000円

ビザ申請費用1~5万円
健康診断受診料2~3万円
その他準備費用個人差あり

※費用はあくまでも目安としてご覧ください。

現地でかかる費用

続いて「現地でかかる費用」についてです。下記の5つになります。

  • 学費
  • 滞在費
  • 教材費
  • 生活費
  • 交通費

それぞれ順番に見ていきましょう。

学費

留学費用を大きく左右するのが「学費」です。

ただし「学費」と一言でいっても、選択するコースやレッスンの数、また個別or団体なのかによって異なります。
留学期間が長いほど、割り引かれることも少なくないです。

詳しくは下記の表を参考にしてください。

【学費の相場】

1ヶ月3ヶ月6ヶ月12カ月
アメリカ20~40万円55~120万円125~250万円250~500万円
カナダ15~30万円45~70万円85~150万円165~300万円
オーストラリア25~30万円60~80万円150~160万円250~300万円
フィリピン15~25万円35~70万円70~135万円135~270万円
イギリス20~30万円55~85万円100~155万円150~250万円
ニュージーランド20~25万円55~75万円100~160万円250~300万円

※フィリピンは、学費の中に寮費(居住費)が含まれています。

参考 ⇒ 留学費用はこれだけかかる!国別の平均相場を比較!安い国はどこ? – 【留学タイムズ】手数料0円・HIS提携の留学エージェント

滞在費

滞在費は学費の次に大きな出費です。費用は学生寮・ルームシェア・ホームステイのどれを選ぶかによって異なります。また、部屋のグレードによって費用が変わることも珍しくありません。

アメリカやイギリスなどの欧米諸国における、滞在費の相場は下記の通りです。

  • 学生寮(食事3食・光熱費込) ⇒ 7~12万円程度(1ヶ月)
  • ルームシェア(食事なし/光熱費別) ⇒ 4~11万円程度(1ヶ月)
  • ホームステイ(食事2食・光熱費込み)⇒ 6~12万円程度(1ヶ月)

滞在費を安く抑えたいからといって、治安の悪い場所に住むのはおすすめできません。治安の良いエリアの中で、価格を検討するようにしましょう。

教材費

授業で使用する教科書などの費用です。
受講するコースによって必要な冊数は異なるため、一概には言えませんが、1~2万円程度と見積もっておきましょう。

場合によっては学費に含まれていることもあります。

生活費

食費・通信費・娯楽費などです。
食費に関しては留学先の物価はもちろん、学生寮かルームシェアかによって異なってきます。

娯楽費を抑えることで節約できますが、節約しすぎると留学を楽しめなくなる可能性があるので注意しましょう。
1ヶ月あたりの生活費はおよそ7~10万円前後です。

交通費

学校に通う交通費です。
徒歩で行ける場合もありますが、電車やバスなどの公共交通機関を利用して学校へ行く場合もあります。

1回あたりの費用は少額ですが、毎日のように利用するとそれなりの費用がかかるでしょう。
1ヶ月あたり約5,000円です。

現地でかかる費用相場の一覧は下記の表を参考にしてください。

【現地でかかる費用相場】

現地でかかる費用費用相場
学費(1ヶ月)アメリカ ⇒ 20~40万円

カナダ ⇒ 15~30万円

オーストラリア ⇒ 25~30万円

フィリピン ⇒ 15~25万円

イギリス ⇒ 20~30万円

ニュージーランド ⇒ 20~25万円

滞在費(1ヶ月)学生寮(食事3食・光熱費込) ⇒ 7~12万円

ルームシェア(食事なし/光熱費別) ⇒ 4~11万円

ホームステイ(食事2食・光熱費込み)⇒ 6~12万円

教材費1~2万円
生活費(1ヶ月)7~10万円
交通費(1ヶ月)5千円

※費用はあくまでも目安としてご覧ください。

【国別】留学費用の相場

国別で留学費用の相場を比較してみました。費用には「学費+滞在費+生活費」が含まれております。記載されている費用は、あくまでも参考程度にご覧ください。

【留学費用の相場】

1ヶ月3ヶ月6ヶ月12カ月
アメリカ30~45万円90~120万円150~250万円300~450万円
カナダ25~40万円80~110万円150~200万円250~400万円
オーストラリア25~35万円70~100万円140~200万円280~400万円
イギリス35~45万円100~130万円170~280万円320~480万円
ニュージーランド25~30万円70~90万円140~180万円280~350万円

表からも分かる通り、アメリカとイギリスがやや高めです。ただし住むエリアによって費用は大きく異なります。
留学の目的や自身の家計状況を踏まえて、慎重に検討しましょう。

留学費用が安い国はどこ?

留学費用が安い国は下記の3つです。

  • フィリピン
  • マルタ
  • フィジー

上記3つの国であれば、アメリカやイギリスに比べ留学費用を大きく抑えることができます。
それぞれ順番に見ていきましょう。
※費用には「学費+滞在費+生活費」が含まれております。

フィリピン

「留学費用が安い国」として日本人留学生に人気なのが「フィリピン」です。
日本からの距離は比較的近く、物価も日本の3分の1程になります。

フィリピンの英語学習はマンツーマンが基本となっており、スピーキング力やリスニング力を重点的に磨くことが可能です。
またレッスン時間や自習時間が多く設けられているため、英語漬けの生活を送ることができます。

マリンスポーツなどのアクティビティを楽しみたい方にもおすすめです。
一方で、衛生面や治安には注意しなければなりません。

そんなフィリピンの留学費用は下記の表の通りです。

【フィリピンの留学費用の相場】

1ヶ月3ヶ月6ヶ月12カ月
費用相場20~30万円60~80万円100~150万円180~300万円

※費用はあくまでも目安としてご覧ください。

マルタ

マルタは地中海に浮かぶ島国です。
ヨーロッパに位置するものの、費用はそこまで高くありません。

マルタでは英語のコースが豊富に用意されており、様々な国から「英語を学びたい」という人たちが集まって来ます。
語学学校の数もかなり多いため、自身のレベルに合った学校を選べるのが特徴です。

ドイツやイタリアなどの国に気軽に行けるため、旅行も含めて楽しみたいという方にはピッタリと言えます。

そんなマルタの留学費用は下記の表の通りです。

【マルタの留学費用の相場】

1ヶ月3ヶ月6ヶ月12カ月
費用相場20~40万円50~90万円100~150万円200~250万円

※費用はあくまでも目安としてご覧ください。

フィジー

フィジーはオセアニアに位置する島国です。
ラグビー好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

英語が公用語として使われており、ネイティブな英語を学ぶことができます。

穏やかで陽気な人が多く、「ゆったりとした雰囲気の中で英語を学びたい」という方にはピッタリの国と言えるでしょう。
英語学習に加え、アクティビティや観光を楽しみたい方にも必見です。

そんなフィジーの留学費用は下記の表の通りになります。

【フィジーの留学費用の相場】

1ヶ月3ヶ月6ヶ月12カ月
費用相場25~40万円40~60万円70~100万円120~250万円

※費用はあくまでも目安としてご覧ください。

費用が心配な方は留学ローンを利用しよう!

「留学したいけど、費用が心配!」という方は多いはずです。
そんな方は留学ローンを利用するのが良いでしょう。

留学ローンとは、留学費用をまかなうことを目的に金融機関などからお金を融資してもらう「教育ローン」のことです。
融資となるため、後に返済する必要があります。

一方で、中には 返済不要の「給付型奨学金」なども存在します
。高い語学レベルや優秀な成績が必要なため、全ての人が借りられる訳ではありませんが、一度検討してみると良いでしょう。

借りられる額や金利は金融機関や収入によって異なってきます。利用を検討する際は、ホームページ等で入念に確認するようにしましょう。

おすすめの留学エージェント3選

ここでは「おすすめの留学エージェント」をご紹介します。下記の3つです。

  • 業界でも格安で留学可能!:「スマ留」
  • HIS提携の安心サポート!:「留学タイムズ」
  • 50年以上の実績を誇る教育機関!:「EF」

どの留学エージェントも利用者からは絶大な支持を得ています。
上記のいずれかを選べば、充実した留学生活が送れることは間違いないでしょう。それぞれ順番に解説していきます。

業界でも格安で留学可能!:「スマ留」

スマ留とは、幅広い世代で人気を高めている今注目の「留学エージェント」です。
最大の魅力は 「費用の安さ」になります。語学学校の空き時間や空き場所を利用するスマートなスタイルで、価格の安い語学留学を提供しているのです。

またインターネットで簡単に留学の申し込みができるのも「スマ留」の魅力と言えるでしょう。
LINEを使って気軽に相談できるため、地方に住んでいても心配いりません。

さらにJTBグループの「JTB グローバルアシスタンス」と連携し、海外生活を知り尽くした現地スタッフが総勢300名いるので、初心者でも安心して留学できるでしょう。

サービス内容は下記の表を参考にしてください。

【サービス内容】

スマ留大手留学エージェント手数料無料のエージェント
サポート料金0円20~30万円0円
相談窓口国内・海外両方対応可国内・海外両方対応可日本もしくは提携先へ依頼
学校紹介厳選した数校紹介料が多い学校のみ提携先学校
滞在先自由選択ホームステイホームステイ推奨
航空券自由選択パッケージ内パッケージ内もしくは自由選択
留学保険自由選択パッケージ内パッケージ内もしくは自由選択
学習サポートオンライン英会話・英語学習アプリで英語学習 毎日何回でも利用可能週2回の英会話なし

気になる方は、まずは「無料の留学カウンセリング」を受けてみてはいかがでしょうか。

公式サイト ⇒ スマ留が選ばれる理由 | 【公式】語学留学・海外留学ならスマ留《最大半額のスマートな留学》

HIS提携の安心サポート!:「留学タイムズ」

留学タイムズは、大手旅行会社HISと提携している業界最大手の「留学エージェント」です。
世界中の語学学校・大学と強い信頼関係でつながっており、 利用者のニーズに合った留学プランを紹介してくれます。

学校手配手数料が無料となっており、授業料のみで手配をしてくれるのも「留学タイムズ」ならではの魅力です。

面倒な下記の手続きもサポートしてくれます。

  • 入学願書作成
  • 入学申込手続
  • 滞在先の申込と詳細案内
  • 空港出迎えサービスの申込と詳細案内
  • 留学費用の海外送金手続き
  • 入学許可書の送付
  • AIG損害保険の手続き
  • 航空券のご案内
  • 留学中のサポート (現地生活についてのアドバイスや学校へのコンタクトなど)

気になる方は、一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

参考サイト ⇒【留学タイムズ】手数料0円・HIS提携の留学エージェント – 手数料0円で海外留学/HIS提携の安心サポート

50年以上の実績を誇る教育機関!:「EF」

スウェーデン生まれのEF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト)は、50年以上の実績を誇る世界最大級の「国際教育機関」です。
世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から学生が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨くことができます。

授業だけではなく、 イベントやアクティビティなどの交流の場がプラグラムの中に数多く用意されているのも「EF」ならではの魅力です。
高校生・大学生・社会人向けなど様々なプログラムがあるので、自身に合った語学学習が行えるでしょう。

気になる方は、まずは資料請求をしてみましょう。

公式サイト ⇒ EF Education First – 留学・海外留学はEF

まとめ

いかがだったでしょうか。
本記事では「留学×費用」をテーマに、留学にかかる費用の内訳や費用相場・おすすめの留学エージェントについてご紹介しました。

充実した留学生活を送るためには、費用の内訳や目安について知っておくことが重要です。
事前にある程度の見積もりを出し、余裕を持って準備すると良いでしょう。

国別での留学費用の相場を下記に貼っておりますので、こちらも参考にしてください。

【留学費用の相場】

1ヶ月3ヶ月6ヶ月12カ月
アメリカ30~45万円90~120万円150~250万円300~450万円
カナダ25~40万円80~110万円150~200万円250~400万円
オーストラリア25~35万円70~100万円140~200万円280~400万円
イギリス35~45万円100~130万円170~280万円320~480万円
ニュージーランド25~30万円70~90万円140~180万円280~350万円
フィリピン20~30万円60~80万円100~150万円180~300万円
マルタ20~40万円50~90万円100~150万円200~250万円
フィジー25~40万円40~60万円70~100万円120~250万円

※費用には「学費+滞在費+生活費」が含まれております。あくまでも目安としてご覧ください。

また、おすすめの留学エージェントは下記の3つです。

  • 業界でも格安で留学可能!:「スマ留」
  • HIS提携の安心サポート!:「留学タイムズ」
  • 50年以上の実績を誇る教育機関!:「EF」

上記のいずれかを利用して、あなたも素敵な留学生活を送ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です