英会話におすすめの通信教育講座5選!通信講座のメリット・デメリットや正しい選び方を伝授します

「通信教育講座で英会話を学ぶメリットって何?」
「通信教育講座を選ぶ際のポイントが知りたい!」
「英会話学習におすすめの通信教育講座を教えてほしい!」

これから英会話を学習しようと思っている方の中には、上記のような悩みや疑問を抱いている方も多いでしょう。

英会話が習得できれば、就職・転職が有利に進められることはもちろん、出会いのチャンスも大きく広がります。

そこで本記事では「英会話×通信教育」をテーマに、通信教育講座を選ぶ際のポイントや英会話学習におすすめの通信教育講座についてご紹介します。

高校生や大学生だけではなく、仕事で忙しい社会人の方にも必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

通信教育講座で英会話を学ぶメリット5選

通信教育講座で英会話を学ぶメリットは下記の5つです。

  1. 時間や場所を問わず学習できる
  2. コスパよく英語が学べる
  3. 講師のレベルが高い
  4. 自分のペースで学習が進められる
  5. 地方に住んでいてもOK

それぞれ順番に解説していきます。

①時間や場所を問わず学習できる

通信教育であれば、自分の好きな時間・好きな場所で学習が進められます。
机に座って教材と真剣に向き合うのも良いですし、お風呂や通勤中の電車など、空き時間を活用して学習を行うことも可能です。

塾やスクールのように時間が決められている訳ではないので、「仕事で毎日の帰りが遅い」という社会人の方でも安心して英会話が学べます。

時間や場所を問わず学習できるのは、通信教育を利用する最大のメリットと言えるでしょう。

②コスパよく英語が学べる

「通信教育」と言うと、料金が高いと思われがちですが、決してそんなことはありません。英会話スクールへ通うことに比べると、かなり格安です。

例えば一般的な英会話スクールでは、1回あたりのレッスン料が2,000円~4,000円程度かかります。
もちろんレッスンを受けるにあたって、入会金(20,000~50,000円)と教材費(5,000~15,000円)も支払わなければなりません。平均で月10,000円以上かかることも珍しくないです。

一方で通信教育であれば、 月3,000~5,000円程度で講義を受けることが可能です。また入会金がかからない講座も数多くあります。

コスパよく英語を学習したいなら、塾やスクールに通うのではなく通信教育講座を利用する方が圧倒的に良いでしょう。

③講師のレベルが高い

英会話スクールのような対面型学習では、講師のレベルによって学習の質が左右されるというデメリットがあります。
「高いお金を払ったものの、学びが薄かった」という方も少なくないはずです。

しかし通信教育であれば、受講者から支持されているレベルの高い講師から英会話を学ぶことができるので、講師のレベルによって学習の質が左右されることはありません。

失敗のリスクはほとんどないでしょう。

④自分のペースで学習が進められる

自分のペースで学習が進められるのも「通信教育」の魅力の一つです。
塾のように周りの受講者の理解度に合わせて講義が進められることもないため、効率よく学習できるでしょう。

また通信教育の場合、人と比べられることもありません。常に自分自身と向き合うことができます。

⑤地方に住んでいてもOK

通信教育では、自宅に送られてきた教材を使って学習を進めていくのが一般的なやり方です。もしくはネット上やアプリ上で完結できるものもあります。

そのため、地方に住んでいても問題なく英会話を学ぶことが可能です。
「塾やスクールが近くになくて困っている」という地方住みの方でも、安心して学習を行うことができるでしょう。

通信教育講座で英会話を学ぶデメリット3選

続いて「通信教育講座で英会話を学ぶデメリット」について解説します。下記の3つです。

  1. モチベーションが維持しにくい
  2. アプトプットしにくい
  3. すぐに解決できない

当然ですが、通信教育にもデメリットがあります。
購入後に後悔しないよう、事前にデメリットについて知っておきましょう。

①モチベーションが維持しにくい

通信教育は自分の意志で学習を行わなければなりません。
そのため仕事で忙しかったり、他に優先したいことがあったりすると、ついつい放置してしまいがちです。

いかにモチベーションを高く持ち続けられるかが、英会話を習得できるかどうかの勝負の鍵となります。

最近では、学習の進捗を管理してくれる通信教育講座もあったりします。モチベーションが維持できるか不安という方は、そのような講座を選ぶと良いでしょう。

②アプトプットしにくい

英語を身に着けるためには、インプットと同時にアプトプットを行う必要があります。
しかし通信教育では、英会話スクールのようにアプトプットを行う機会はほとんどありません。講師や他の学生とコミュニケーションを取りながら、英語を学ぶのは難しいでしょう。

一方で近年販売されている英会話用の通信教育講座の中には、ディクテーションシャドーイングなどが学習内容に組み込まれている講座もあります。
また、アウトプットは工夫次第で自分一人で行うことも可能です。

「通信教育講座だからアプトプットができない」と決めつける必要はありません。事前に講座の中身をよく確認しましょう。

③すぐに解決できない

残念ながら通信教育では、分からないことがあっても塾のようにすぐに質問をすることができません。
メールやチャット機能を使って質問できる講座もありますが、直接講師に聞くのに比べると、時間はかかります。

マイペースで学習できるがゆえの欠点とも言えるでしょう。しかし、分からないことをそのままにしておくのは良くありません。
多少の時間はかかってでも、疑問を残さないことが重要になります。

英会話が学べる通信教育講座の正しい選び方とは?

ここからは「英会話が学べる通信教育講座の正しい選び方」について解説します。購入前に下記の5つのポイントを確認しましょう。

  • リスニング対策ができるか
  • 目的に合った講座があるか
  • レベルに合った講座が用意されているか
  • 評判は良いか
  • サポート体制が充実しているか

それぞれ順番に解説していきます。

リスニング対策ができるか

英語を学ぶうえで、日本人が特に苦手としているのが「リスニング」です。
日本語よりも使用される音が多いため、日本人は英語の聞き取りが苦手な傾向にあります。

また英会話ができるようになるためには、リスニング能力は必要不可欠です。

そのため、必ずリスニング対策が行える講座を選ぶようにしましょう。

目的に合った講座があるか

「英語の通信教育講座」と一言でいっても種類は様々です。
TOEIC対策に特化した講座もあれば、ビジネス英会話が習得できる講座など種類は多岐に渡ります。

そのため、まずは自身の目的に合った講座があるかを確認することが大切です。
「リーズナブルな価格だったから」「ランキングの1位にあったから」などの理由で講座を選んでしまうと、失敗する可能性があるため注意しましょう。

レベルに合った講座が用意されているか

通信教育講座を選ぶ際は、自身のレベルに合った講座が用意されているかを確認することも重要になります。
というのも、中には「TOEIC800点以上を目指す人向け」などといった上級者専用の講座などがあるからです。

仮に英語初心者がこのような講座を受けても、効率の良い学習を行うことは難しいでしょう。自身の英語レベルをしっかりと把握したうえで講座を選ぶことが大切になります。

評判は良いか

講座選びに失敗したくないなら、事前にネットやSNSで評判を調べておきましょう。
「講座名 評判」と検索すれば、すぐに調べることができます。

「評判が悪い」「目的が曖昧」「質が低い」などの講座は、決して受けてはいけません。

サポート体制が充実しているか

意外と忘れがちですが、サポート体制についても確認しておくことが重要になります。
例えば、「どのような方法で質問ができるのか」「不具合が起こった時にはどこに連絡すれば良いのか」「返金保証はあるのか」などです。必ず事前に調べておきましょう。

上記でご紹介した5つのポイントを押さえておけば、講座選びに失敗する可能性は極めて低いです。
そして下記では、「英会話学習におすすめの通信教育講座」を5つご紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

英会話学習におすすめの通信教育講座5選

「英会話学習におすすめの通信教育講座」を5つ厳選しました。

どれも利用者からは絶大な支持を得ています。
それぞれ順番に解説していきます。

①スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH」は、株式会社リクルートが提供している大人気の英語学習アプリです。
スマホさえあれば、好きな時間・好きな場所で英会話の学習が進められます。

コースも下記の通り豊富です。

  • 新日常英会話コース「海外旅行英語も身に着く」
  • TOEIC® L&R TEST対策コース「(続けられる)TOEIC®対策アプリの決定版」
  • ビジネス英語コース「プレゼン、交渉、会議の英語も!」

仕事で役立つ英語を学びたい方は「ビジネス英語コース」を受講するのがおすすめです。ビジネス英語コースの「英会話セットプラン」では、外国人講師とのオンライン英会話を通して、仕事で使えるビジネス英語を学習することができます。

リスニング力やリーディング力に加え、スピーキング力も鍛えることが可能です。「将来、英語を使った職業に就きたい」という方にはピッタリの講座と言えるでしょう。

公式サイト ⇒ 【公式】スタディサプリ|大人の英語も、受験勉強も。
公式サイト ⇒ 【公式】続けられるビジネス英語なら|スタディサプリENGLISH

②アルクのTOEIC®テスト通信講座

アルクでは、学びたいスキル別やレベル別に約40種類の通信教育講座が用意されています。
TOEIC対策はもちろん、ビジネス英語習得や語彙増強など、様々な目的で学習を行うことが可能です。

英語初心者であれば「TOEIC®テスト通信講座」を受講するのが一番良いでしょう。
スマホやタブレットに教材がダウンロードできるため、通勤中などのちょっとした隙間時間を活用して気軽に学習を行うことができます。

公式サイト ⇒ 通信講座 – 株式会社アルク

③スーパーエルマー

スーパーエルマー」はリスニング強化に特化した通信教育講座になります。

最大のメリットは、日本人特有の弱点である「返り読み」のクセを矯正する独自のトレーニング法が組み込まれていることです。

TOEICや英検対策にも効果的な講座になります。

公式サイト ⇒ 日本人離れした英語力へ「スーパーエルマー」|ソースネクスト総合サイト

④Asteria for Business

Asteria for Business」はZ会グループが提供する、「リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング」の英語4技能がバランスよく学べるオンライン英語講座です。AIが1問ごとの解答状況を分析し、利用者のレベルに合った問題を出題してくれます。

下記のような方におすすめの講座です。

  • 大人になって英語を学び直したいけれど、何から始めたらいいかわからない
  • 日常やビジネスで使うために、日々英語に触れ、英語力を維持・向上させたい
  • 自宅学習で、「読む力・聞く力」だけでなく、「話す力・書く力」まで総合的に身につけたい

公式サイト ⇒ Z会の通信教育 Asteria for Business

⑤もういちどEnglish!

もういちどEnglish!」は、中学英語からやり直したい方におすすめの講座です。こちらの講座では、日常会話レベルの英語で自由に意思表示ができるまでを目指しています。一人ひとりに合った丁寧な添削指導が受けられるのも魅力の一つです。「英語の基礎を学びたい」「英文法の勉強が苦手」という方にはピッタリの講座と言えるでしょう。

公式サイト ⇒ もういちどEnglish! | 生涯学習通信講座 | NHK学園

まとめ

いかがだったでしょうか。本記事では「英会話×通信教育」をテーマに、通信教育講座を選ぶ際のポイントや英会話学習におすすめの通信教育講座についてご紹介しました。

通信教育であれば、時間や場所を問わず、自分のペースで英会話の学習が進められます。自身に合った講座を選ぶためにも、必ず下記5点を購入前に確認しましょう。

  • リスニング対策ができるか
  • 目的に合った講座があるか
  • レベルに合った講座が用意されているか
  • 評判は良いか
  • サポート体制が充実しているか

英会話が習得できれば、就職・転職が有利に進められるなど、人生の選択肢は大きく増えます。

今回ご紹介した内容を参考に、あなたも通信教育講座を活用して英会話を学んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です