スタディサプリENGLISHに「ビジネス英語」コースが新登場!評判や口コミ、料金プランやキャンペーン情報、解約・返金方法まで徹底解説!

こんにちは、当サイト管理人のKeiといいます。

このサイトでも繰り返し紹介している「スタディサプリENGLISH」シリーズから、新しく「ビジネス英語コース」がリリースされました!

筆者は仕事で英語を活用している身なので、早速登録して使い始めたところです。

体験してからまだ日が経っていないのですが、「ビジネス英語」コースの概要や、実際に使ってみてわかったメリット・デメリットなどを紹介していきたいと思います。

将来的にビジネスで英語を使いたい人、海外で仕事をしたいと考えている人などは、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、スタディサプリビジネス英語コースが、「2019年7・8月キャンペーン」を実施中で、最初の7日間は無料で利用できます。

解約はネットから1分もあればできるので、興味のある人はこの機会に試してみて下さい。

それでは、早速本文に行きましょう!

補足

スタディサプリENGLISHには、「ビジネス英語」コース以外にも下記の3つのプランがあります。

  1. 日常英会話プラン
    ⇒アプリを活用して、日常英会話を7つのレベル別に学べるプラン。
  2. TOEIC対策講座 ベーシックプラン
    ⇒英単語、英文法、TOEIC対策、模試のすべてをアプリ一つで解ける、TOEIC対策のプラン。
  3. TOEIC対策講座 パーソナルコーチプラン
    ⇒ベーシックプランのコンテンツ+オンラインの専属コーチからのアドバイスやコーチングを受けられるプラン。

ビジネスで英語を使いたいけど、もう少し基礎的な英会話力をつけたい人や、昇進・海外赴任のためにまずはTOEICが必要という人は、ぜひ下記の記事も参考にしてみてください。

「日常英会話プラン」の特徴や評判の紹介記事を見てみる⇒

「TOEIC対策講座 ベーシックプラン」の特徴や評判の紹介記事を見てみる⇒

「TOEIC対策講座 パーソナルコーチプラン」の特徴や評判の紹介記事を見てみる⇒

もくじ

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースとは?


スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの内容を一言でいうと、ミーティングやプレゼンテーションなどのビジネスで実用的に使える英会話スキルを学べるコースです。

TOEIC対策講座コースもビジネス英語ではあるのですが、あくまでも読み書きに限定されているので、スピーキング力を伸ばすことはできません。

ビジネス英語コースは、ビジネスの現場で頻繁に使われる表現やフレーズを重点的に学ぶことで、より実践に即した内容になっています。

ここからは、スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの概要について、以下の4つの項目に分けて解説をしていきます。

  1. 4つの学習レベル
  2. 8つのトレーニング
  3. 解説動画の担当講師
  4. ストーリー作成の担当者

実際の写真も添付しながら紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの4つの学習レベル

「ビジネス英語」コースは、中学英語レベルの初歩からTOEIC900レベルの上級者まで幅広く対応しています。

具体的には、下記の4つのレベルごとにビジネス英語を学ぶことができます。

  • Lv.1 TOEIC 400点レベル
  • Lv.2 TOEIC 600点レベル
  • LV.3 TOEIC 730点レベル
  • Lv.4 TOEIC 860点レベル

各レベルでそれぞれ72のレッスンを学ぶことができ、1つのレッスンにつきトレーニングを8つも利用できるんですよ!

レベルごとのテーマを見てもらえばわかりますが、とても具体的なビジネスシーンを想定してコンテンツが作られています。

機械的にビジネス英語で使うフレーズなどを学んでいくのではなく、実際のビジネスシーンのやり取りを通じて、ストーリー形式で学んでいけるのもスタディサプリENGLISHの魅力です。

僕は「ビジネス英語」コースを実際に体験してみたので分かるのですが、一つ一つのレッスンをとても丁寧に学んでいくコンテンツなので、一つのレベルをやり終えるだけでも相当実力がつきますよ。

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースの8つのトレーニング


先ほど説明した通り、「ビジネス英語」コースは4つのレベルごとに72のレッスンが組み込まれており、それぞれのレッスンに対して8つのトレーニングが用意されています。

具体的な8つのトレーニングの内容は、以下の通りです。

  1. 会話理解クイズ
  2. 単語・イディオムチェック
  3. ディクテーション
  4. 会話文チェック
  5. シャドーイング
  6. キーフレーズチェック
  7. リード&ルックアップ
  8. 瞬間発話プラクティス

それぞれどういったものなのか画像付きで解説をしていくので、参考にしてみてください。

①会話理解クイズ

最初のトレーニングは、登場人物の会話文を音声で聞き、内容を理解します。

ただ客観的な視点で聞くのではなく、登場人物に感情移入して聞くことで、ストーリーそのものを楽しめますよ!

会話をすべて聞いた後は、内容をどれだけ理解できているのかをチェックするクイズが出題されます。

4択形式になっているので、適切だと思うものを選びましょう。

解答した後は理解ができていたのかどうかを確認し、理解できていなかった箇所に関してはその原因を調べておくといいですね。

②単語・イディオムチェック


続いては、先ほどの会話文に出てきた単語やイディオムの意味を答える問題がでます。

一つ一つの単語を、実際に理解できているかをチェックしましょう。

間違えた問題や、たまたまあっていた問題があれば、チェックをいれておくことで後でまとめて復習ができますよ。

また、表示された単語を使った例文も用意されていますし、音声の読み上げ機能もあるので、あわせてチェックしておくといいですね!

③ディクテーション


続いては、音声を聞きながら空欄になっている箇所をタイピングで埋めていく「ディクテーション」です。

本来ディクテーションは、聞き取った音声をすべて紙に書き起こしていく学習方法なのですが、負荷が大きいので継続できる人は本当に少ないです。

音声を聞いて大意を掴むことができる英語中上級者でも、一言一句漏らさずに聞き取ることは容易ではないので。

ただ、ディクテーションを愚直に実践することで、リスニングの聞き取り精度は格段に向上します。

「ビジネス英語」コースのディクテーションは、負荷を小さくするための工夫がたくさん施されているので、初心者の人でも取り組みやすいはず。

もし音声を聞き取れない場合は、音声のスピードを調整することもできますし、聞き取れるまで何度も再生しなおすこともできます。

また、ある程度候補となるアルファベットが絞られているので、まったくヒントが無い状態よりも回答しやすいはずです。

どうしても聞き取れない音があった場合でも、「1文字ヒント」の機能を使うことで、自動的に文字を埋めてくれます。

若干面倒に感じるトレーニングだとは思うのですが、効果は抜群なのでぜひ飛ばさずに頑張ってみてください。

④会話文チェック

次のトレーニングは、最初に聞いた会話文をスクリプトを見ながら一つずつ理解していきます。

発音される音声とスクリプトを比較して、何が聞き取れていて、何が聞き取れていないのかをチェックしておくといいですね。

本文内の重要な語句やイディオムは「解説」にまとめられているので、あわせてチェックしておきましょう。

⑤シャドーイング


「シャドーイング」は、実際に流れてきたネイティブの音声に続いて、すぐに発音するトレーニングです。

正確な音声を聞いてすぐに発音をするので、よりネイティブに近いイントネーションで発音が出来るようになります。

声を出せる場所にいる場合は、マイクつきイヤホンなどを活用することで、自分の音声を録音して聞き直すことができます。

まとめて複数のフレーズを発音した後、あとで自分の音声とお手本の音声を聞き比べることができるので、発音矯正に役立ちますよ!

声を出せない時は、口パクでもいいので口を動かしておくと、口の動きがネイティブの発音になじんでいきます。

最初は文章を見ながら、余裕がある人は文章を消して、聞こえた音を純粋に真似て発音する練習をするといいですよ!

⑥キーフレーズチェック


キーフレーズチェックは、最初に聞いた会話文の中で重要な表現について詳しく学ぶコンテンツです。

日本のビジネスマンに、英語を18年間教えてきたMatthew Nisselius氏による解説動画と解説文を確認しながら、キーフレーズについてより深く掘り下げていきます。

動画での解説はすべて英語で行われるので難しく感じる人もいると思いますが、日本語での解説文がついているので安心してください。

英語で英語を学べるようになると、英語のレベルは急速に上がっていくので、最初は負荷が強いと思いますが頑張りましょう。

⑦リード&ルックアップ


「リード&ルックアップ」は、各レッスンで重要とされるフレーズを、自分で発声してお手本の音声と比較するトレーニングです。

まずは英文を見ながら音読をしたあと、日本語だけを見て英文を発音できるようにします。

つまり、日本語をすぐに英文に変換できる訓練をするということです。

もし、英文を見ないとわからない場合は、ヒントをチェックできるので、負荷はそこまで大きくないはず。

最初の内は、英会話は日本語から英語で変換する形になるはずなので、日本語をできるだけすぐに英語に変換する訓練は非常に重要です。

それぞれのトレーニングをなぜ行うのか、目的を意識した上で学習することで、効果が表れやすくなりますよ。

⑧瞬間発話プラクティス


今回ビジネス英語コースを利用して、一番ビジネスの現場で役立つ英語力がつくなと感じたのが、「瞬間発話プラクティス」です。

「瞬間発話プラクティス」は、これまで学んだ内容を踏まえて、最初に聞いた会話文と同じようなシチュエーションになった際に、どのように会話をするか自分で考えて発音するトレーニングです。

もちろんヒントはありますが、まずは自分で考えて実際に会話していることを想定して発音するといいでしょう。

発音した後に、読まれた英文のスクリプトと模範的な解答例を参考にしながら、少しずつ自分の血肉にしていくといいでしょう。

3.スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コース解説動画の担当講師は、18年日本人に英語を教え続けているMatthew Nisselius氏


スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースを担当するのは、ベルリッツジャパンで講師として教材開発も行っていたMatthew Nisselius氏です。

日本のビジネスマンに対して18年以上も英語を指導をしてきた実績を持っており、大学や有名企業でも講師として活躍されています。

先ほど紹介した8つのレッスンの中の「キーフレーズチェック」の項目に登場し、動画解説時の講師を務めています。

すべて英語での解説動画ですが、ゆっくりはっきりと話してくれるので、英語初心者の人でも聞き取りやすいはずです。

4.スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースのストーリーは大人気ドラマ「下町ロケット」の脚本を手掛けた稲葉一広氏が担当

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの教材に使われているストーリーのシナリオは、大人気ドラマ「下町ロケット」の脚本を手掛けた「 稲葉一広氏」が作成しています。

下町ロケットは、もともと「半沢直樹」でも人気を博した「池井戸潤さん」原作の小説で、ドラマ化された最終回では16.6%もの視聴率を記録した人気作品です。

スタディサプリENGLISH「日常英会話」コースも同様ですが、運営のリクルートは学習教材のストーリー性にとてもこだわっています。

ストーリーにこだわる理由として、ただ意味のない英文や英会話を学ぶよりも学習が継続しやすく、結果として英会話習得に繋がることを知っているからでしょう。

ただ、商品を売ればいいという考え方ではなく、本当に利用者の英語力向上にコミットしている点が、スタディサプリENGLISHのすごいところです。

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの料金設定・キャンペーン情報

ここからは、「ビジネス英語」コースの料金体系と、キャンペーン情報について解説をしていきます。

「ビジネス英語」コースの料金は、契約期間に応じて変わってきます。

月額払い6か月パック12か月パック
2,980円2,780円(一括16,680円)2,480円(一括29,760円)

長期間で契約するほど、月当たりの支払い額は安くなるのでお得ですよ!

また、先ほど紹介した「QQEnglish」を連動して利用する場合は、利用の頻度に応じて5千円~1万円の料金が別途かかるので注意しましょう。

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースに事前登録すればお得なキャンペーンコードをGET!(※終了済み)


スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースは、2019年7月22日までにメールアドレスを登録した人限定で、キャンペーンコードを配布しています。

無料で登録できますし、現時点で支払い情報の登録等をするわけではないので、興味のある人は試しておくことをおすすめします。

実際にキャンペーンコードを入力すると、下記のように料金が安くなります。

 月額払い6か月パック12か月パック
通常価格2,980円月当たり2,780円(一括16,680円)月当たり2,480円(一括29,760円)
キャンペーン価格月当たり1,980円(一括11,880円)月当たり1,680円(一括20,160円)

月額で支払いをする場合と比べて、最大で15,600円も安くなるので、ぜひ今うちに登録をしておきましょう。

「ビジネス英語」コース事前登録ページはこちら⇒

<補足>先得キャンペーンに申し込んだのに、キャンペーンコードが届いていない人は?


「先得キャンペーン」に申し込んだ人の中で、「キャンペーンコードが届いていない」という人をTwitterで見かけました。

あくまでも僕の場合はですが、7月29日の16時の段階で「スタディサプリENGLISH」から下記のメールが届いていました。

「≪重要≫ビジネス英語コース申込受付開始|スタディサプリENGLISH」という件名でメールが届いているはずなので、今一度確認してみてください。

確認してもメールが届いていない場合は、以下の理由が考えられます。

  1. 先得キャンペーンに申し込んだ時のメールとは、違うメールの受信箱を確認している
  2. フィルタ機能によって、迷惑メールに振り分けられているor自動で受信拒否されている

1に関しては、改めて登録した時のメールアドレスと別のメールをチェックしていないか確認をしてみてください。

2に関しては、迷惑メールフォルダを確認して、それでも見つからない場合は一度スタディサプリENGLISH公式に問い合わせてみてください。

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの期間限定キャンペーン情報(2019年8月時点)


2019年7月22日時点で、先ほど説明した「先得キャンペーン」は終了してしまいました。

しかし、2019年8月22日まで、期間限定の割引キャンペーンがスタートしています!

「先得キャンペーン」ほどの割引幅は無いのですが、通常料金よりは大幅に値引きされています。

通常料金時とキャンペーン料金時の違いは、以下の通りです。

 月額払い6か月パック12か月パック
通常価格2,980円月当たり2,780円(一括16,680円)月当たり2,480円(一括29,760円)
キャンペーン価格月当たり2,380円(一括14,280円)月当たり1,980円(一括23,760円)

特に、12か月パックで申し込みをすると、月当たり2,000円以下で利用できるのでおすすめです。

6か月パックや12か月パックなど、長期のパックに申し込んだ場合であっても、途中で解約した場合の返金制度もついていますよ!

具体的な解約方法や、返金を依頼する方法に関しては後ほど写真付きで解説しますね。

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースの始め方・申込方法


それではここから、実際にスタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースに申し込む手順を、写真付きで解説していきます。

1.スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの公式サイトにアクセスし、「7日間無料体験お申込み」をクリックします

2.リクルートIDを持っている人は右側からログイン、リクルートIDを持っていない人は「新規会員登録へ」をクリックします

3.リクルートIDの新規会員登録をするために、メールアドレスを入力して「上記に同意して仮登録メールを送信」をクリックします


4.下記の画面になったら、登録したメールアドレスの受信箱をチェックします

5.スタディサプリENGLISHから届いているメールを開き、本文内のURLをクリックします

6.リクルートIDの会員情報を入力し、「上記に同意して確認画面へ」をクリックします


7.入力した情報に誤りがない確認をし「登録する」をクリックします

8.支払い方法(クレジットカードorキャリア決済)を選択し、利用するパックを選択します

↓タブを切り替えることで、キャリア決済にも変更できます

※キャンペーンの適応を受けたいのであれば、「6か月パック」or「12か月パック」を選択しましょう。

キャンペーンの適用なしでも1か月ごとのパックを受けたい場合は、「その他のプラン」を選択することで「月額 2,980円/月」の表示が出てきます。

9.先得キャンペーンに申し込んでいた人は、このタイミングでキャンペーンコードを入力し、「申込み内容を確認する」をクリックします


※期間限定のキャンペーン同様、キャンペーンコードも「6か月プラン」or「12か月プラン」の申し込み時しか適用されないので、注意しましょう。

10.申し込み内容を確認し「お支払いへ」をクリックします


※「キャンペーンコード」の箇所にキャンペーンコードが表示されていれば、問題なく適用されていますよ!

11.先ほど登録したリクルートIDのパスワードを入力し、「上記に同意して次へ」をクリックします

12.注文内容を確認し、支払い方法についての情報を入力して、「ご注文内容確認へ進む」をクリックします

13.注文内容を確認し、「上記に同意して確定する」をクリックします


14.問題なく申し込みができていれば下記の画面になるので、余裕があればアンケートに答えてあげましょう

15.下記の画面になったら、「プロフィールを設定する」をクリックします

16.アイコンやニックネーム、メルマガを受け取るかを選択して、「スタディサプリENGLISHを始める」をクリックします

17.「ビジネス英語」コースの学習メソッドを一読し、「さっそくはじめる」をクリックします


18.下記のトップ画面になれば、実際に「ビジネス英語」コースを受講できるようになります

申し込みの手続きは以上です!

リクルートIDの登録や、支払い方法の選択、プランによってキャンペーンが適応されるかどうかかわる点など、いくつか注意すべき点はあります。

上記の流れを事前に把握しておけば、入会のタイミングで困ることはないと思うので、ぜひ参考にしてください。

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースの解約・返金方法

続いて、ビジネス英語コースを使ってから解約・返金してもらう方法についても説明をしていきましょう。

記事執筆時では、僕も「ビジネス英語」コースを始めたばかりなので、実際に解約・返金の依頼はしません。

解約・返金のやり方のみ、キャプチャ付きで紹介しておきます。

「ビジネス英語」コースを解約する方法


「ビジネス英語」コースを解約する方法は、とても簡単です。

解約方法も、写真付きで説明をしていきます。

1.スタディサプリENGLISHにログインします

2.画面右上にある自分のアイコンをクリックし、契約状況をクリックします

3.契約状況の画面で、「解約する」をクリックします

4.解約に伴う注意点に目を通し、問題なければ「ビジネス英語コース 解約する」をクリックします


5.支払い情報や支払総額を確認した上で、問題がなければ最終の「解約する」をクリックします


以上で解約は完了です。

7日間の無料体験期間に解約すれば、一切費用はかかりません。

さきほどの写真にも書かれていましたが、解約時の注意点が2つあります。

  • 契約期間が残っていても、解約してすぐにサービスが利用できなくなる
  • 再度申し込む場合に、キャンペーンが適用されない

上記の注意点を踏まえて問題がないか確認した上で、解約の手続きをしてください。

「ビジネス英語」コースを解約して返金してもらう方法

続いて、6か月パックや12か月パックで一括で料金を支払い、途中で解約する場合の返金方法についても解説しておきます。

公式サイトに説明がされているので、一部文章を引用しておきましょう。

複数月一括払いのプランをご利用のお客さまに限って、解約され返金をご希望の場合に、既にご受講済みの月数に応じて月額プランの提供価格にて利用料を再計算し、一括払いのプラン分の代金から差し引きの上、残金をお返しします。ひと月のうち、1日でもご利用の場合は、当該月分のご利用料をいただきます。日割り計算はできかねますので、ご了承ください。なお、月額ご利用時の利用料の払い戻しは実施しておりません。誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承ください。
※返金例:12ヶ月プランにお申込みの上、4ヶ月利用されてから退会される場合
(お支払い済み金額)-(月額料金)× 4(ヶ月)=(返金金額)
※返金のご依頼は、当ページ下部のお問い合わせフォームよりお願いいたします。
※お申込み可能月数(プラン)は各コースにより異なります。

引用:よくあるご質問(個人の方・団体会員の方)|リクルートの英語オンライン学習サービス スタディサプリENGLISH

若干分かりづらい文章なのでポイントをまとめておきます。

  • 月額パック(1か月パック)は返金対応ができない
  • 日割りでの返金はできず、残っている月分の利用料金のみ返金してもらえる
  • 返金の依頼は、お問い合わせフォームに記入する形で行う

6か月や12か月で申し込んだからといって、最後まで利用し続ける必要はないということですね。

これなら、キャンペーン割引が適用される6か月パック、12か月パックについても申し込みしやすいのではないでしょうか?

スタディサプリENGLISH ビジネス英語に関する口コミや評判


2019年7月29日にスタートしたばかりのビジネス英語コースですが、すでに数多くの反響があるようです。

ここでは、ビジネス英語コースに関する評判や口コミについて、リアルな声が飛び交うツイッターからいくつか引用しておきましょう。

スタディサプリを運営するリクルートに対して、「ビジネス英語」に特化したプランをリリースして欲しいという要望は多数あったようです。

サービスがリリースされて2日目にも関わらず、これだけ期待の声や早速始めて見た人の声が見られます。

実際に体験した人の口コミや評判は現時点では少ないですが、今後また情報をアップデートしていきますね。

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースはオンライン英会話「QQEnglish」とも連携


「ビジネス英語」コースはとても優秀なアプリですが、アプリだけでスピーキング力を高めるのは限界があるもの。

今回の「ビジネス英語」コースでは、「QQEnglish」というオンライン英会話サービスと連動させることで、「ビジネス英語」コースで学んだ内容を実際にアウトプットすることができます。

QQEnglishは、英語留学でも人気の高いフィリピンのセブ島にある英会話の学校のレッスンを、オンラインで自宅でも学べるサービス。

講師とマンツーマンで英語をアウトプットできるので、「ビジネス英語」コースで学んだ内容を実際にアウトプットできるのがメリットです。

ただしQQEnglishの利用する場合は、「ビジネス英語」コースとは別料金になってしまうので気を付けてください。

25分間のオンライン英会話レッスンを2回無料で利用でき、その後は料金がかかってきます。

QQEnglishの料金プランは以下の通りです。

 月会費プラン毎日プラン(シンプル)毎日プラン(プレミアム)
月額の料金3,685円(税抜き)4,980円(税抜)9,500円(税抜き)
プランの概要自分のペースに合わせて学習計画を自由に立てられるプラン。QQE Basicsや日常英会話等の基礎を学習するレッスンを出来るだけ回数多く受講したい方のためのプラン。カランメソッドを含めた幅広いカリキュラムを出来るだけ回数多く受講したい方のためのプラン
レッスンを受講できる回数・頻度月4~8回の受講が可能1日1レッスンの受講が可能(繰り越し不可)1日1レッスンの受講が可能(繰り越し不可)
スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースのカリキュラム利用の可否利用可能利用可能利用可能

QQ ENGLISHの始め方


ここからは、「ビジネス英語」コースを開始した人が、併用してQQ ENGLISHを始める場合の手順について説明をしていきます。

写真付きで紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.QQ Englishのサイトにアクセスして、右上の「無料体験・会員登録」をクリックします

2.メールアドレスとパスワードを設定して「次へ」をクリックします


3.下記の表示になったら、登録したメールアドレスの受信箱を確認します

4.下記のようなメールが届いているので、URLをクリックします

5.会員情報を記入し、「登録する」をクリックします


下記の画面になれば会員登録は完了です。

6.続いて無料レッスンを予約する日時を決めて、「無料体験レッスンを予約する」をクリックします

7.確認画面になるので、問題がなければ「予約を確定する」をクリックします

8.確定すると下記の画面になるので、「次へ」をクリックします


9.レッスンの流れを一通り確認したのち、「マイページへ」をクリックします

10.無料体験レッスンまで手続きが終わると、下記のトップページに移ります


以上が、QQ ENGLISHの登録方法と、無料体験レッスンの申し込み方法でした。

1回目の授業内容はこちらで選べないので、それ以降「ビジネス英語」コースを活用して授業を受けるようにするといいですね。

QQ ENLGLISHの公式サイトはこちら⇒

現時点で提供されているスタディサプリENGLISHコースの概要

ここまで、新たに追加された、スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースの概要について解説をしてきました。

「ビジネス英語」コースを利用したいと感じている人の中には、スタディサプリENGLISHの別のコースを受講したほうがいい場合があります。

例えば、ビジネス英語の読み書きを磨きたいのであれば、「ビジネス英語」コースよりもTOEICコースの方がスキルアップできるでしょう。

「ビジネス英語」だと内容がそもそも難しく感じてしまう人であれば、まずは身近な話題を扱う「日常英会話コース」から慣れてみるのも一つだと思います。

そういった「ビジネス英語」とは少しずれた目的で英語を勉強したい人に向けて、スタディサプリENGLISHの他のコースの概要についても解説をしておきましょう。

スタディサプリENGLISH「日常英会話コース」

「日常英会話コース」は、7つのレベルに分かれて基礎的な英会話力を鍛えられるコースです。

一つのコースにつき120の会話レッスンが用意されているので、合計で840ものレッスンを受けられるのが大きな特徴。

学習内容は、英語力向上に効果的な「ディクテーション」や、登場人物になりきって発声する「なりきりスピーキング」など多様です。

月額980円で利用できるのですが、7日間の無料お試し期間があるので、気になる人はぜひ試してみてください。

スタディサプリENGLISH「TOEIC対策講座」コース


TOEIC対策講座コースは、アプリを中心にした「ベーシックプラン」と、実際にオンラインで専属のコーチがついてくれる「パーソナルコーチプラン」があります。

ベーシックプランは、「英単語」「英文法」「TOEIC特化対策」「実践問題集」の4つの学習講座から成り立っています。

アプリだけで単語学習から模擬試験の演習までこなせるので、一つで学習を簡潔できるのが大きな特徴です。

なんといっても、TOEIC満点を幾度となく取得している「関正生先生」の解説動画講義が本当にわかりやすい。

独学でなかなかTOEICスコアが上がらない人がいれば、ぜひおすすめです。

パーソナルコーチプランも、学習の中心はベーシックプランと同じです。

プラスアルファの特徴としては、毎日コーチへの学習報告を行う必要があるので、いい意味の強制力を付けられます。

学習計画の策定や不明点の質問、TOEIC学習全般に関する相談もできるので、悩みを解消しながら学習を継続できるのもいいですよね。

自分の意志だけでは続かない人や、時間に余裕がない人は、コーチについてもらうことで質の高い学習ができるようになりますよ。

まとめ


今回の記事では、スタディサプリENGLISH「ビジネス英語」コースと、スタディサプリENGLISHのその他のコースについて紹介してきました。

仕事で英語を使っている人にとっては待望の「ビジネス英語」コースのリリースですが、人によっては「ビジネス英語」コースを選ぶと目的がずれてしまう場合があります。

自分が何のために英語を学ぶのか、実際に英語を使うのはどんなシーンなのかを今一度想像して、目的やあなたのレベルにあったコースを受講するようにしましょう。

とりあえず身近な話題で日常英会話を学びたい人は「日常英会話コース」、仕事で海外とのメールのやり取りが多いと言った人は「TOEIC対策講座コース」がおすすめです。

ビジネスの現場で、ネイティブとの対面でのコミュニケーションが頻繁にある人であれば、「ビジネス英語」コースはぴったりだと思いますよ。

今回の記事があなたにとって参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です