ビジネス英語と日常英会話の違いは?ビジネス英語習得に最適なアプリ10選

「ビジネス英語と日常英会話の違いは?」
「ビジネス英語をアプリで学ぶメリットって何?」
「ビジネス英語習得におすすめのアプリを教えてほしい!」

日々英語を学習している方の中には、上記のような悩みを抱えている方も多いでしょう。

仕事で使われることの多い「ビジネス英語」ですが、「日常英会話」との具体的な違いについて理解しているという方は少ないはずです。

そこで本記事では「ビジネス英語×アプリ」をテーマに、ビジネス英語と日常英会話の違いやビジネス英語習得におすすめのアプリについてご紹介します。

「将来、英語を使って仕事をしたい」という方には必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

当サイトおすすめのスタサプ「ビジネス英語コース」が2021夏得キャンペーン実施中!

ビジネス英語コースは、現在「2021夏得キャンペーン」を実施中です!
(対象期間:2021年8月5日(木)12:00 〜 2021年9月15日(水)17:59までとなっています。

申し込み条件を満たせば、 最大2,976円お得に利用できます!

  • 6か月パック:通常価格18,348円(税込)⇒16,680円(税込)
  • 12か月パック:通常価格32,736円(税込)⇒29,760円(税込)

無料期間中に解約をすれば料金は0円で、月割りの返金保証もついています。

ビジネス英語を身に着けて将来バリバリ国際的に働きたい!という方には特におすすめですよ!

解約はネットから1分もあればできるので、興味がある人は気軽に試してみてくださいね。

 

ビジネス英語とは?

ビジネス英語とは、簡単にいうと、ビジネスシーンで使用される丁寧な英語のことを指します。

ビジネス上の取引相手や同僚・上司との会話など、丁寧な言葉遣いが求められるときに使われることが多いです。

「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」が多く使われる英会話と言っても良いでしょう。

例えば上司から指示を受けたときに、「OK」と返事をするだけでは、なんとなく失礼な気がしますよね。

ビジネスの場では、「I understand.(了解しました)」「Certainly.(承知いたしました)」など丁寧な言葉を使うのが一般的です。

このように仕事で使用する丁寧な英語のことを「ビジネス英語」と呼びます。

ただし、「ビジネス英語」という言葉はあくまでも俗称であり、明確な定義は存在しません。

そのため、「ビジネス英語=丁寧な英語」くらいで覚えておくと良いでしょう。

ビジネス英語と日常英会話の違い

仕事の場面で使われることの多い「ビジネス英語」ですが、「日常英会話」との具体的な違いは何なのでしょうか。

両者の違いは下記の通りになります。

ビジネス英語日常英会話
仕事で使う英語日常生活で使う英語
丁寧な英語表現カジュアルな英語表現
必要な単語数:約5,000語必要な単語数:約2,000語

丁寧な英語表現が多く使われる「ビジネス英語」に対し、「日常英会話」ではカジュアルな表現が多く使用されます。

例えば「~~できますか?」という表現では、ビジネス英語の場合は「Could you~?」などが使われることが多いですが、日常英会話の場合では「Can you ~?」が使用されることの方が多いです。

日常英会話では「that」などの接続詞は省略されることが多くあります。

否定文においては、「not」の短縮形が使用され、「is not」は「isn’t」に変化します。

また、日常英会話の方が会話に必要な単語数が少ないのも特徴の一つです。

「ビジネス英語」と「日常英会話」の表現の違い例については下記を参考にしてください。

【ビジネス英語と日常英会話の表現の違い例】

ビジネス英語日常英会話
~できる?(~できますか)Would you please~?
Could you please~?
Could you please kindly~?
Can you~?
はじめまして!Nice to meet youHi!
了解・分かりましたI understood. / Certainly.OK! / I see.
購入するpurchasebuy
ありがとうI really appreciate it.Thanks

>>おすすめ!スタサプ【ビジネス英語コース】の詳細はこちら<<

ビジネス英語をアプリで学ぶ3つのメリット

効率的にビジネス英語を学びたいならアプリを使うのがおすすめです。

その理由は下記の3つになります。

  • ①通勤・通学中に学習できる
  • ②ゲーム感覚で学べる
  • ③コスパが良い

それぞれ順番に解説していきます。

①通勤・通学中に学習できる

アプリなら、スマホさえあればビジネス英語を好きな場所・好きな時間に学ぶことができます。

もちろん、通勤や通学中などの隙間時間を活用して学習することも可能です。

参考書などを持ち運ぶ必要も一切ありません。

忙しい社会人にはピッタリと言えるでしょう。

通勤通学中は「英語の聞き流し」、帰宅後は「リーディングの勉強」など、分野を分けて学習するのがおすすめです。

②ゲーム感覚で学べる

英語アプリの多くは楽しみながら勉強ができるように工夫されています。

学習時間がポイントで記録されたり、達成度をSNSで投稿できたりするアプリも多いです。

また、アプリ内の友達と英語の学習度合いを競い合うようなアプリもあったりします。

このようにアプリであればゲーム感覚で楽しめるため、挫折することなくビジネス英語の学習に励むことができるでしょう。

モチベーション高く学習し続けられるのは「アプリ」を利用する大きな魅力と言えます。

③コスパが良い

アプリを使えば、コスパ良くビジネス英語を学習することができます。

実際に利用してみると分かりますが、無料で利用できる英語アプリは多いです。

また月額料金が発生するアプリもありますが、参考書を買って勉強するのに比べると、コスパはかなり良いと言えます。

「できるだけお金をかけずに英語を学びたい」という方にとっては、アプリを利用するメリットはかなり大きいです。

下記で記載している「ビジネス英語アプリの正しい選び方」を参考に、アプリをインストールして、今日からビジネス英語の勉強に励んでいきましょう。

>>おすすめ!スタサプ【ビジネス英語コース】の詳細はこちら<<

 

ビジネス英語アプリの正しい選び方3選

ビジネス英語アプリの正しい選び方は下記の3つです。

  • ①自身のレベルに合ったアプリを選ぶ
  • ②無料or有料で選ぶ
  • ③アプリの評価を確認する

後悔しないよう、事前に選び方のポイントを理解しておきましょう。

それぞれ順番に解説していきます。

①自身のレベルに合ったアプリを選ぶ

ビジネス英語アプリを選ぶうえで最も大切なこと、それは自身のレベルに合ったアプリを選ぶことです。

当然ですが、アプリの中には「英語初心者向け」のアプリがあれば、「TOEICで800点以上を狙う人向け」のアプリもあります。

自身のレベルに合ったアプリを選ぶことができなければ、十分に学習できず、時間を無駄にしてしまうだけになるでしょう。

また、通勤中に勉強する場合は聞き流ししやすいアプリを選ぶなど、使用目的に合わせて選ぶことも重要です。

②無料or有料で選ぶ

「ビジネス英語アプリ」と一言でいっても、無料のアプリもあれば、有料のアプリもあります。

有料アプリの方が質・機能ともに充実していることが多いですが、最近では無料アプリでも十分に学習成果が見込めるものも増えてきました。

「お試しで使ってみたい」「お金をかけずに勉強したい!」という方は、まずは無料のビジネス英語アプリを利用するのがおすすめです。

③アプリの評価を確認する

ネットやSNSなどで「アプリ名 評価」と検索すると、様々な口コミが出てきます。

インストールをする前に、アプリの評価を確かめておくのが良いでしょう。

残念ながら、中には個人情報を盗むことを目的に運営しているアプリなどが一部存在します。

また機能性が悪く、思うように学習が進められないというアプリもあります。

事前に「アプリの評価」を確認しておくことで、上記のような質の低いアプリを利用することはなくなるでしょう。

>>おすすめ!スタサプ【ビジネス英語コース】の詳細はこちら<<

 

ビジネス英語を効率的に学べるアプリ10選

「ビジネス英語を効率的に学べるアプリ」を10個厳選しました。

どのアプリも利用者からは絶大な支持を得ています。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

①スタディサプリENGLISH「ビジネス英語コース」

「スタディサプリENGLISH」は、株式会社リクルートが提供している大人気の英語学習アプリです。

スマホさえ持っていれば、場所や時間を問わずビジネス英語の学習ができます。

スタディサプリENGLISHの「ビジネス英語コース」は下記2つのプランがあります。

それぞれのプランについて解説します。

英会話セットプラン

ミーティングやプレゼンテーションなど、ビジネスの場面で実用的に使える英会話スキルが学べるプランです。

外国人講師とのオンライン英会話を通して、ビジネス英語を学習することができます。

下記のような方におすすめです。

  • 最短で上達した
  • ビジネス英語を実践したい
  • 自学自習×オンライン英会話で効率的に学習したい

リスニングやリーディングに加え、「スピーキング力も伸ばしたい」という方には必見のプランと言えるでしょう。

ベーシックプラン

ビジネスで使うフレーズのインプットとアウトプットのトレーニングを繰り返し、リスニングとスピーキングの基礎を固めるプランになります。

下記のような方におすすめです。

  • まずは自学自習したい
  • ビジネス英語に慣れたい
  • 英会話の事前準備がしたい

「まずは英語の基礎を固めたい」という方は、ベーシックプランの受講を検討してみてはいかがでしょうか。

公式サイト ⇒ 【公式】続けられるビジネス英語なら|スタディサプリENGLISH

②BBC Learning English

「BBC Learning English」とは、イギリスの公共放送局である「BBC」が提供する英語学習アプリです。

リスニング・発音・語彙・文法・ビジネス英語・ニュースなど、総合的に英語を学習できます。

「ネイティブスピーカーの発音に慣れたい」という方には特におすすめのアプリです。

参考 ⇒ BBC Learning English – Google Play のアプリ

③トーキングマラソン

トーキングマラソンとは、「キクタン英会話」で有名なアルクが提供する英会話トレーニングアプリです。

実際の会話に近い感覚でフレーズを使う練習ができます。

「インプットよりもアウトプット重視でビジネス英語を学びたい」という方にはピッタリのアプリと言えるでしょう。

参考 ⇒ TALKING Marathon®(トーキングマラソン ) 瞬間英語発話トレーニング – Google Play のアプリ

④HiNative Trek

こちらはスマホ1台で実用的な英語表現が学べる英語学習サービスです。毎日配信される課題に取り組みながら、実践的なビジネス英語を学習していきます。また学習内容に対し、ネイティブ講師からフィードバックがもらえるのも「HiNative Trek」の魅力の一つです。コースは「ビジネスコース」と「ITコース」の2種類があります。

公式サイト ⇒ 教材について | HiNative

⑤ざっくり英語ニュース!StudyNow

「ざっくり英語ニュース!StudyNow」は国内・海外の短い英文のニュースが届く、英語学習者向けニュースアプリです。

すべての記事には、ネイティブスピーカーによるナレーションが収録されています。

ビジネス英語の学習はもちろん、TOEICなどのリスニング対策にも効果的です。

参考 ⇒ ざっくり英語ニュース!StudyNow(リスニング・日本語訳・解説付) – Google Play のアプリ

⑥mikan

mikanは、基本無料で利用できる英単語学習アプリです。

中学生、高校生から社会人までレベルに合わせた英単語学習ができます。

約1分で10単語学習することができるので、忙しい社会人の方にもピッタリのアプリと言えるでしょう。

公式サイト ⇒ 株式会社mikan

⑦AI英会話SpeakBuddy

こちらはAIを使った今話題の「英会話スマホアプリ」です。

AIキャラクターを相手に英語を話せるため、気を使わずに、時間や場所も自由に英語力を鍛えることができます。

下記のような方におすすめです。

  • 初心者で何から勉強すれば良いか分からない
  • 外国人を前にすると何も話せなくなる
  • 高額なスクールに行きたくない

参考 ⇒ AI英会話 スピークバディ SpeakBuddy – 英作文 リスニング 実践英会話 ネイティブ – Google Play のアプリ

⑧TED

TEDで公開されているプレゼンテーションが、基本無料で閲覧できる公式アプリです。

様々な業界で活躍している有名人の考え方やビジネスプランについて聞けるため、ビジネス英語を学ぶには最高の教材と言えます。

スピーキング力に加え、プレゼンテーション力も鍛えることが可能です。

参考 ⇒ TED – Google Play のアプリ

⑨VOA Learning English

「VOA Learning English」とは、アメリカ国営のラジオ局である「Voice of America」が運営するアメリカ英語の学習アプリです。

世界中の時事問題をタイムリーに学びながら、英語を勉強できます。

初心者向けのコンテンツもあるため、英語学習を始めたばかりの方でも安心して利用することが可能です。

参考 ⇒ VOA Learning English – リスニングを毎日練習 – Google Play のアプリ

⑩Cambly

CAMBLYは、アメリカやイギリス・オーストラリアなどフレンドリーな英語圏のネイティブ講師とワンクリックでつながり、英会話を練習することができるアプリです。

予約不要なため、自身の好きなタイミングでレッスンを受けることができます。

参考 ⇒ Cambly オンライン英会話:英語を話そう! – Google Play のアプリ

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では、「ビジネス英語×アプリ」をテーマに、ビジネス英語と日常英会話の違いやビジネス英語習得におすすめのアプリについてご紹介しました。

カジュアルな英語表現が多く使われる「日常英会話」に対し、「ビジネス英語」では丁寧な英語表現が多く使用されます。

そんな「ビジネス英語」を学ぶにはアプリを利用するのがおすすめです。

アプリは下記の3つのポイントを意識して選びましょう。

  • ①自身のレベルに合ったアプリを選ぶ
  • ②無料or有料で選ぶ
  • ③アプリの評価を確認する

グローバル化が進む現代では、ビジネス英語が堪能な人材が求められています。

ビジネス英語アプリを使い、ビジネスで活躍できる人材を目指して日々英語学習に励んでいきましょう。

>>おすすめ!スタサプ【ビジネス英語コース】の詳細はこちら<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です